Book

『インターフェイス指向設計 アジャイル手法によるオブジェクト指向設計の実践』を読んだ

インターフェイス指向設計 ―アジャイル手法によるオブジェクト指向設計の実践作者:Ken PughオライリージャパンAmazon どんな本なのか インターフェイスを用いてどのようにアプリケーションを設計するか詳しく解説された本です。 インターフェイスとは何かか…

『ドメイン駆動設計入門 - ボトムアップでわかる!ドメイン駆動設計の基本』を読んだ

ドメイン駆動設計入門 ボトムアップでわかる!ドメイン駆動設計の基本作者:成瀬 允宣翔泳社Amazon どんな本か ドメイン駆動設計についてかなり噛み砕いて説明された本です。 難しく抽象的な説明はあまりなく、具体的なパターンを説明しながらドメイン駆動設…

『イラストでわかるDockerとKubernetes』を読んだ

イラストでわかるDockerとKubernetes Software Design plus作者:徳永 航平技術評論社Amazon どんな本か この本はタイトルどおりイラストを交えてDocker・Kubernetesについて分かりやすく説明された本です。 構成は以下の通りで、ページ数も130ページ程度なの…

『OAuth・OIDCへの攻撃と対策を整理して理解できる本(リダイレクトへの攻撃編)』を読んだ

目的 前作・前々作を読んで理解しましたが、攻撃を仕掛ける側はどうやって攻撃をしてくるのか、それの対策方法を知りたかったからです。 techbookfest.org 以下は、前作・前々作の記事です。 blog.ryskit.com blog.ryskit.com 感想 OAuthやOIDCのおさらいは…

『OAuth、OAuth認証、OpenID Connectの違いを整理して理解できる本』を読んだ

目的 前作に続いて、OAuthとOpenID Connectの違いを理解したくてこの本を読みました。 techbookfest.org 感想 こちらも前作に続き分かりやすく解説されていて、かつサクッと読めます! タイトルにもあるように、OAuth、OAuth認証、OpenID Connectの違いが整…

『雰囲気でOAuth2.0 を使っているエンジニアが OAuth2.0を整理して、手を動かしながら学べる本』を読んだ

目的 OAuth2.0への理解を整理したい思い読みました。 techbookfest.org 感想 タイトルにもあるように雰囲気でOAuth2.0を使っている人やとりあえずOAuth2.0って何?って人にすごくおすすめです! 分かりやすいし、安い! 1~5章は、OAuth2.0とは何か?から始ま…

Work Rules!を読んだ

グーグルの人事として働いている著者が書いた本 グーグルがなぜ、どう動いているかの著者なりの解釈を書いた内容 第1章 創業者になろう 自由度が高い - 自由裁量権を与えられる トップダウン、階級制、指揮統制を特徴とする経営モデル - 自由度が低い環境は…

僕が参考にしている技術書セレクト記事

就職してエンジニアとして働くにあたって、どんな本を読んで行けば良いのか、迷うことが多々あります。 特に職場であまり技術書を読んだりする人がいなかったり、周りにどんな本がおすすめか聞く人がいない場合、自分の感覚で選んでいかなければなりません。…